英語のテストは種類がありすぎる!TOEIC・TOEFL・英検・IELTS、どれを受ければ良いの?

英語のテストって種類がいっぱいありますよね。

 

TOEICとか、TOEFLとか、英検とか、IELTSとか。

 しかも、実はTOEICの中にも2つ種類があったりします。

 

これらのテストは、それぞれ受験する目的や使い道が違うのです。

 

「私はどれを受けるべき?」を解消するために、今回は主要な英語テストの種類について解説します!


TOEIC

 

TOEICは英語によるコミュニケーション能力を評価する世界共通のテストです。

日本では会社で「○○点以上必須」なんてところもあったりするほどですよね。

日本や韓国においてメジャーな試験ではありますが、実際のところそれ以外の国での認知度は高くないようです。

 

TOEICと一口で言えど、実は大きくわけて2種類あるんですよ。

 

 

・TOEICテスト(リスニング&リーディング)

これまでもTOEICと呼んできた、日本社会において一番メジャーな英語試験です。

リスニング100問45分間、リーディング100問75分間、合計2時間のテストで、スコアは10点~990点で採点されます。

2時間ぶっ通しで英語を解くというのは中々集中力が持たなかったりします。

 

ちなみにスコアは正答率とイコールではなく、換算点です。

そのあたりはコチラの記事で⇒『【私の4月正答数公開】TOEICスコアって正答数とイコールではないんですよ

 

受験料も5,725円と他のテストに比べてリーズナブルです。

だから受験者が多いのかもしれませんね。

 

就職や転職に使いたいのなら、TOEICテストを受験するのがオススメです。

メジャーな試験なので、英語力アップ・維持のバロメーターとして受験する人も多いです。

 

 

・TOEICスピーキング&ライティングテスト

従来のTOEICとは別に、話す力と書く力を測定するテストです。

スピーキング11問20分、ライティング8問60分で、会場にてPCを使って受験します。

スピーキング・ライティングともに0点~200点で採点されます。

 

こちらのテスト、日本ではまだそれほど流行っていません。

(受験料が1万円越えと、少しお高いんですよ……)

 

スピーキングテストだけを受験することもできるので、私は今年1月にスピーキングだけを受験してみました。

(こちらだと7000円弱ですからね!)

このテスト、かなりのハイレベルです。

周囲の受験者も第一線で働くサラリーマンっぽい人が多かったです。

きっと外資とか海外関係の仕事で、会社からスコアノルマを課されているんだろうなあとか勝手に想像しました。

 

またレベルアップしたら受けたいと思います。

こちらはTOEICスコア800以上で、日常英会話はもちろんビジネス会話もそれなりにできる!という方にオススメです。

 

 

・おまけ:TOEIC Bridgeテスト

実はTOEICには、英語初級者向けのTOEIC Bridgeというテストもあるんです。

バリバリ進学校の中学・高校は、このテストを取り入れていたりします。

 

TOEICを受けてみたけど、まったく歯が立たないし勉強するのもキツイという場合は、こちらから受けてみるのもいいかもしれません。

ただし、資格欄に書いてもおそらくあまり効果はないでしょう……。

TOEIC Bridgeで慣らして、TOEICでレベルアップをはかるイメージで受験しましょう。

 

 

 

 

TOEFL

 

海外の大学に進学したり、留学をしたい人向けのテストです。

こちらはノンネイティブの人が英語圏の大学で生活する能力があるかどうかを測ります。

 

実はTOEFLも種類がいくつかあるのですが、現在日本ではTOEFL iBTというインターネット版テストのみが実施されています。

(団体向けテストにはTOEFL ITPというものもあります)

TOEFL iBTは、リーディング・リスニング・スピーキング・ライティングの4技能を測るテストです。

所要時間は4~4.5時間、途中で10分休憩があるのみです。

スコアは全体で0~120の間で採点されます。

 

このスコア結果によって海外の大学に進学できるレベルかどうかを測るため、難易度は高いといえます。

 

また、受験料は230ドル。単純に1ドル100円換算しても2万3000円とお高めです。

留学を目指す人はTOEFLを受けるべきですが、そうでない人はTOEICをオススメします!

 

 

 

 

 

 

英検(実用英語技能検定)

 

 早ければ小学生ぐらいから受け始めるのが、英検です。

評価段階は1級から5級まであり、3級が中学卒業レベル、2級が高校卒業レベルです。

内容や試験時間は級によって変わります。

3級以上は面接も含まれるので、より実践的な英語スキルを測ることができます。

 

英検は級によって検定料が違います。5級が一番安く2,500円で、徐々に上がっていき1級は8,400円です。

 

高校受験などでは英検のレベルによって優遇されることもあったりしますが、就職活動においてはやはりTOEICのが主流です。

しかしTOEICとは違って会話を含む実用的な英語のスキルを測ることができるので、英語力アップなどの目安として受験するには良いかもしれませんね。

 

 

 

 

 

IELTS

 

イギリス・カナダ・オーストラリアへの留学や移住を目指す人向けにつくられた英語力を証明するテストです。

アメリカでもTOEFLに代わって、審査基準として利用するところが増えてきています。

留学者向けの「アカデミック・モジュール」と、移住希望者向けの「ジェネラル・トレーニング・モジュール」の2種類があります。

 

テスト内容はリーディング・リスニング・ライティング・スピーキングの4つの能力を測るもので。

スピーキングだけ別日で実施されます。リーディング・リスニング・ライティングのテストには休憩時間はなく、ぶっ通しで2時間半の長丁場です。

スコアは1.0~9.0のバンドスコア(レベル別)で採点されます。

スコアの目安としては、場所にもよりますが一般的には大学であれば6.0以上などのラインがあるようです。

 

IELTSは4つの技能をテストできるだけあって、受験料が2万5380円と高額です。

気軽に受けられるテストではありませんね^^;

 

 

 

 

 

以上、TOEIC・TOEFL・英検・IELTSの違いについて見てきました。

 

日本で英語力アップのために英語のテストを受験することを検討されている方は、TOEICか英検がオススメです!

当サイトにはTOEICのスコアアップに関するコラムも掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

 


シェアして頂けたら嬉しいです!